私たちが毎日暮らす住まいやお店、学校、オフィスなど、あらゆる空間を心地よく演出する「インテリアコーディネーター」の仕事。
センスに自信のある女性転職者なら、転職先の候補に入っているのではないでしょうか?

お客様の希望に寄り添い、最適な環境を提供してくれるインテリアコーディネーターの仕事内容やお給料事情を、チェックしてみましょう。

「インテリアコーディネーター」ってどんなお仕事?


インテリアコーディネーターの仕事は、働く企業によって内容が大きく変わります

家を建てる場合には、お客様の年代や趣味嗜好、予算に合わせたコーディネート。
モデルルームを設営するなら、空間が広く、リラックスできるようなコーディネート。

オフィスや店舗であれば、機能性や人の動く導線などを意識したコーディネートなど、様々な場面が考えられるため、求人応募の際は、どのような人材を求めているのかを、はっきりさせておく必要があります。

また、この業界で働く場合は

  • インテリアコーディネーター
  • インテリアデザイナー
  • インテリアアドバイザー

などの資格を取っておくのがオススメです。

内装や家具、照明、ファブリックス、住宅設備についての知識だけでなく、図面についても学べるため、基本として押さえておきましょう。

いきなりインテリアコーディネーター職を探すのではなく、最初はインテリアデザインに携わっている企業や、家具店、住宅設備会社などで経験を積み、知識を高めていく女性も多いですよ

気になる「インテリアコーディネーター」のお給料事情とは


インテリアコーディネーターの平均年収は20代で250万円~300万円、30代で300万円~500万円程度です。

資格の有無や、過去の実績によって収入が変動するため、人によって年収に差があります。
そのため、積極的に知識を増やし、アイデアを豊富に持つことで高収入につながるでしょう。

インテリアだけでなく、設計や住まいに関する深い教養を身につけておくことで、責任ある立場を任されやすくなります。
美術品のインテリアが得意、職業に合わせた提案ができる、ブランドに詳しいなど、自分の特性を磨いておくと、専門分野で求められる機会が増えるでしょう。

結婚や出産を機に、独立を目指す女性もいます。

「自分のセンスを思いっきりアピールしたい」
「経営者の道を目指したい」
と言った希望がある場合は、起業を選択するのも良いでしょう。

人脈が大切な世界ですから、業界に入った瞬間から意識して良い人間関係を構築しておくと安心です。

白衣の天使とも呼ばれる「看護師」の仕事。

病気やケガで傷ついた人の開放をしたり治療をサポートしたりと、無くてはならない存在です。
看護士の仕事は、これから先の超高齢化社会を迎えるため、求人がさらに増えると言われています。

女性転職者も大活躍できる看護の世界で、辛い思いをしている人を支えてみませんか?

「看護師」ってどんなお仕事?


誰でも一度はお世話になったことのある看護師。
病院を舞台にしたドラマなどで、裏側が取り上げられることが多い仕事ですが、実際にはどのような業務をこなしているのでしょうか?

看護師の仕事内容は、大きく二つに分かれます。
一つは、外来でやって来る患者さん相手の仕事。
もう一つは、入院している患者さんのケアです。

毎日のように手術を行っている病院では、手術室専門の看護師がいる場合もあります。

これら病院の仕事に加え、

  • 保健所
  • 老人保健施設
  • 福祉施設
  • 訪問看護

といった働き方もあります。

看護師として働く場合はまず、総合病院なのか、それとも個人開業の医院かを決める必要があります。

また、その中でも、

  • 外来看護士
  • 病棟看護士
  • 手術室看護士

のどの仕事を選ぶかといった就業場所を決める必要があります。

そして、「何科の医療機関で働きたいのか」も先に明確にしておきましょう。

また、看護師として働くためには、看護の資格が必要となります。
看護師の資格は厚生労働省指定の看護師養成所を卒業後、国家試験に合格することで取得できます。
4年制の学校では、「保健師」「助産師」と言った資格も合わせて取得できるため、より高いスキルが欲しい場合は検討してみましょう。

看護師資格が取得できる高校や、2年制の学校もありますが、これらは「准看護師」の資格となり、できる仕事に制限があります。
将来的に准看護師資格は廃止される方向で検討されているため、取得するなら看護師資格を目指すのがオススメです。

看護師への夢を諦めきれず、社会へ出てから学校に入り直し、学んでいる女性も多いナースのお仕事。
一生使える資格ですから、思い切って手に入れるのも良いですね。

気になる「看護師」のお給料事情とは


看護師は“お給料が良い”というイメージが強い職業です。

その印象通り、平均年収が400~600万円と女性の仕事の中では高給な部類に入るでしょう。

年収の高い看護師ですが、その理由の一つに“夜勤手当があること”が挙げられます。
街の開業医なら定時での仕事ですが、病棟勤務の場合3交替制であることが多く、不規則な生活になりがちでしょう。

また、自分よりも大きな患者さんを支えたり、お風呂の介助をしたりと、体力も必要な仕事です
緊急搬送や、突然の容態悪化などにも対応する必要があり、精神的な強さも求められます。

若いうちは問題なく夜勤をこなせますが、結婚後や出産後はそうもいきません。
看護師になるなら将来を見据え、40代はこんな働き方、50代は……と事前にプランを立てておきましょう。

「一生看護師として前線に立っていたい!」 という場合は看護師長などの道を目指すことで、高い地位や、高収入が約束されるでしょう。

世の中の女性が一生で一番輝きを増す結婚式。

その舞台で、手腕を発揮しているのが「ブライダルコーディネーター」です。
幸せをサポートするブライダルコーディネーターの仕事は、話を聞いているだけで楽しい気持ちになれる職場です。

ここでは、女性転職者が知りたい詳しい仕事内容や気になるお給料事情を覗いてみましょう。

「ブライダルコーディネーター」ってどんなお仕事?


最近では結婚式の細かい段取りを、新郎と新婦で考え演出するブライダルプランに人気が集中しています。
そのため、新郎新婦の希望を聞き、夢を実現させるブライダルコーディネーターの存在が、式には欠かせないものとなっています。

式場やドレス選びから始まり、

  • 結婚式での料理やウェディングケーキ選び
  • 内装・花・招待状・登場の方法・お色直しの回数・キャンドルサービスについての希望を聞く

など、ウェディングに関するあらゆる知識が求められるでしょう。

特に資格などは必要ありませんが、結婚している女性はブライダルの雰囲気や相談の経験があるため、いくつになっても活躍できる職場だと言えます。

世代によって、好むウェディングの傾向が違うため、相手の話に耳を傾け、自分の意見は控えられる性格の方がうまく行くでしょう。

「人の話を聞くのが好き」
「誰かのために一生懸命になれる」

それなら、ブライダルコーディネーターを目指してみませんか?

一緒に作り上げた最高の一日を目の前にして、思わず泣いてしまった……という声も多いなど、特別な感動や達成感が得られるでしょう。

気になる「ブライダルコーディネーター」のお給料事情とは


ブライダルコーディネーターの平均月収は、20代であれば23万円程度、30代であれば28万円程度となっています。

新郎新婦の人生の門出を祝う、責任ある仕事の割には、低い収入だと感じられるかもしれませんね。

「ブライダルコーディネーターとして、バリバリ稼ぎたい!」 という希望を持っているなら、上場企業を狙ったり出来高制の企業を選んだりすることで年収をアップできます。

将来的には、人脈や経験を生かし、フリーになる道もあるでしょう。
自分にしかできない特別なプランを持っていれば、それを武器に独立を目指すことが可能です。

「給料よりも充実した毎日が送りたい」
「周囲と連携するより、個人プレーが得意」
「幸せな空気に包まれて働きたい」
といった考えの女性には、ブライダルコーディネーターが特にオススメの職業だと言えるでしょう。

女性が活躍できる転職先として人気が高い「広報」の仕事。
メディアなどの表舞台に立つことも多く、カッコいいイメージがありますよね。

「広報って誰でもなれるの?」
「普段はどんな仕事をしているの?」

ここではそんな、女性転職者の疑問にお答えしていきましょう。

「広報」ってどんなお仕事?


PRとも呼ばれる広報の仕事内容は、単に自社製品を宣伝する、アピールするだけではありません。
自社のサービスや商品の価値を高めるため、様々な戦略でファンを増やすための活動を行います。

  • 企業の情報を外部に伝えるためのプレスリリースの作成
  • メディア関係者との人脈づくり
  • テレビや雑誌などの取材応対
  • イベントの企画
  • ミスやトラブルがあった場合の対処

など、会社のイメージを上げるための動きは、おおむね広報の仕事だと言えるでしょう。

最近では企業がブログやTwitter、Facebookなどを積極的に利用していますが、それらの情報発信も広報が担っている場合が多いですね。
社員が会社を好きになることが業績アップに効果的という理由で、社内広報へ力を入れている企業も多数見られます。

一つの仕事にこだわるのではなく、臨機応変に対応し自社を社内外から支持される会社へ育てていくのが、広報の仕事の本質です
広報の採用人数は、企業の規模によって大きく変動しますが、近年は広報職を置く中小企業も増えています。

広報の人間がいることで、

  • ワンマン経営を避けることができる
  • 社内間のコミュニケーションが活発になる
  • テレビや雑誌などの取材チャンスを存分に生かせる

などのメリットがあるため、今後も採用枠は増えていくでしょう。

特別なスキルは必要としませんが、

  • 人付き合いが得意
  • SNSの扱いに慣れている
  • 裏方に徹することができる

といったタイプの女性に向いている職場でしょう。

気になる「広報職」のお給料事情とは


広報の仕事で得られるお給料は、平均で20代では月収25万円~30万円、30代では月収30~35万円程度が相場だといわれています。

また、広報の仕事は実績が目に見えやすいため、著しく会社の評判を上げるなどの功績を残せば、昇給、昇格が期待できるでしょう。

「自分の力を試したい」
「広報力に自信がある」
という女性なら、毎日がやりがいに満ちた、楽しい時間となるでしょう。

まったくの未経験から広報デビューしたいという場合は、「PRプランナー資格」を取得し知識を深めておくと採用されやすくなったり、初任給をアップできたりするでしょう。

オシャレに興味がない女性はいないと言っても良いくらい、毎日の生活から切り離せないファッション。
流行の最先端を常に引率する、アパレル関係へ勤めてみたい!と憧れている方も多いでしょう。

様々な働き方があるアパレル業界。
まずは、自分に合った勤務形態やお給料事情をチェックしてみましょう。

「ファッション関係」ってどんなお仕事?


ファッション関係の仕事内容には、販売店で接客を担当する、店舗責任者として人事や仕入れなどを担当する、本社で勤務し服などのデザインや戦略を考えるなど、幅広い働き方があります。

そのため、女性転職サイトなどを眺める前に、“自分はどの仕事をしたいのか”を確認しておくことが重要でしょう。

販売店での接客担当は、「人と話すのが好き」「お客様に合ったファッションを提案するのが得意」という女性に向いています。
全身のコーディネートを行う機会も多いため。
色彩感覚を磨いたり、最新トレンドを常にチェックしたり、といった意識を持つと良いでしょう

自分自身が勤務先が販売するブランドのファンになり、着こなしたくなるようなお店を選ぶと、毎日楽しく働くことができます。

店舗責任者の仕事は、アルバイトや派遣社員、正社員などをまとめるお店のリーダーです。
お客様への対応はもちろん、従業員のモチベーションをアップさせたり、人間関係を円満にしたりといった、気配りが必要となるでしょう。
発注などの指示も出すため、マーケティング力やお金の知識も必要となります。

本社では、受付やパソコン入力などの事務作業から、デザイナーパタンナーといった服飾制作に直接携わる仕事、商品開発や販売計画などに携わるMD、お店のレイアウトや内装、ディスプレイなどを手掛けるVMDなど、様々な職種の人間が勤務しています。

販売店での仕事から本社勤務を目指す女性も多いですが、販売の知識だけでは本社勤務は務まらない場合もあります。
必要なスキルを身につけた上で希望を出す、もしくは最初から本社勤務を目指す、といった方法を選ぶと良いでしょう

気になる「ファッション関係」のお給料事情とは

ファッション業界のお給料は、20代の平均年収が250万円~350万円、30代では350万円~420万円程度が平均だと言われています。

ですが、量販店と人気ブランドショップでは大きな差があるため、平均に捉われることなく、自分のスキルや年齢、経験に合った職場を選ぶようにしましょう。

「ファッション関係はお給料が安い」というイメージを持っている方もいるようですが、人気ブランドのオンワードでは平均年収800万円以上、紳士服のAOKIでは平均年収が750万円など、大手の年収は魅力的なものとなっています。

その他にも、ユニクロ、ワコール、ワールドなど、誰でも知っているような名前の企業は、収入が高い傾向にあるようです。

外資系のファッション関係は福利厚生が充実していることもあり、特に高い人気となっていますよ

また、ファッション関係は一般の求人と違い面接で服装を審査されます。
働きたいショップのアイテムを着こなしたり、自分のこだわりやセンスをアピールしたりすることで、採用が近づくでしょう。

正社員として働くならやっぱり“事務職”と思っている女性も多いはず。

ですが、事務の仕事には様々な役割があります。
そのため、転職するなら自分に合った事務職を選ぶようにしましょう。

思う存分力を発揮できる職場を見つけるためにも、まずは“どんな仕事がしたいのか”を知るのが正解です。

「事務職」ってどんなお仕事?


事務の仕事内容は、大きく分けて3種類あります。

  • パソコン入力や来客対応など、業務に全般をサポートする「一般事務」
  • 会計や申告、決済など、お金に関わる業務を行う「経理事務」
  • 営業スタッフのサポーターとして、電話やメールで発注などを行う「営業事務」

の募集が主となるでしょう。

この事務職に従事している人間は、すべての職業の中で最も多いと言われています。
男性よりも女性の方が活躍できる仕事のため、女性の仕事と言えば事務職というイメージが強いですよね。

未経験からでも就職がしやすいのも事務職の特徴です
多くの場合、特別な資格などは求められませんが、最低限のパソコンスキルを持っていると良いでしょう。

女性ならではのこまやかな気遣いや、ビジネスマナーを備えていると、より役に立てます。

電話応対の場面が多いため、コミュニケーションスキルも必須でしょう。
問い合わせや来客の応対など、事務員はいわば会社の顔ともいえる職業です。
よい印象を与えられるような、メイクや身のこなしを身につけておきたいですね。

英語など語学が堪能な女性や特別な知識を持っているという場合は、

  • 貿易事務
  • 国際事務
  • 秘書
  • 法律事務

などの仕事を目指すのもオススメです。

気になる「事務職」のお給料事情とは


事務職のお給料は、会社の規模や与えられる仕事によって大きく変化します。
平均では、20代で350万円程度、30代で400万円程度と言われていますが、初任給はそれほど高くない場合が多いでしょう。

また、事務の仕事は「残業が少ない」「休みが取りやすい」というメリットもあります。
残業代は期待できませんが、自分の時間を有効活用したり育児をしながらでも働くことができる点が人気の理由です。

女性転職者の中には、事務経験を持っている人が多いため、面接では他との違いや自分のセールスポイントを前面に押し出すようにしましょう。

「何にでも丁寧に取り組む」
「物事の優先順位を決めるのが得意」
「人と関わるのが好き」
という女性とって、事務職は天職です。

経験をどんどん積んでいくことでより高い報酬が得られる、昇格のチャンスが巡ってくる、といった嬉しい転機が訪れるでしょう。

ITエンジニアで手に職を付ける!

  2017年08月05日 16:17


人気転職サイトに掲載されている求人を見てみると、様々なジャンルの仕事があることに気付きます。
その中でも人気や話題の職業に的を絞って、そのお仕事内容やお給料をチェックしちゃいましょう。

今回は、女性が増え続けている「ITエンジニア」の仕事について、ご紹介いたします。

「ITエンジニア」ってどんなお仕事?


一昔前は男性の職場というイメージが強かったエンジニア職。
ですが、IT産業がどんどん盛んになるにつれエンジニア不足が深刻化している今、バリバリ働きたい女性にとってITエンジニアの仕事は給与面や待遇面で素晴らしい環境なんです

未経験から目指すこともできますがプログラミングの知識が必要となるため、プログラミングの教室や独学などで基礎を固めたり、用語を頭に叩き込んでおいたりすると話がスムーズでしょう。
転職前に「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」などの資格を取得しておくと、より有利に話を進められます。

また、一言で「ITエンジニア」といっても、その仕事内容は多岐にわたります。
目の前の仕事にコツコツ向き合いたい女性はプログラマ、クライアントとのやりとりなども楽しみたいならシステムエンジニアなどというように、性格やスキルに合わせて選ぶようにしましょう。

パソコンと向き合う仕事であるため、デスクワークが中心なのも嬉しいですね。
家庭のPCからでも作業が行えるため、スキルを身につけておけば妊娠中、育児中であっても在宅で働ける職場もありますよ
結婚や妊娠を機に独立して活躍する道を選ぶのも良いですね。

気になる「ITエンジニア」のお給料事情とは


女性転職者からの注目が厚いエンジニアの世界。

なぜ注目されているかというと、仕事にやりがいを求める女性が増えた事も大きい事もありますが、一番の理由として給与があります。
20代で年収400万円弱、30代であれば500万円弱が平均となっているなど、収入面では安定しているでしょう。

その一方で、システムトラブルなどが起きた場合徹夜で対応したり、会社に泊まり込んだりして作業を行わなければいけない場合もあります。
緊急事態の時に頑張れる体力作りや、「お風呂に入れない」「メイクができない」という場合も、“女子力よりも仕事”と割り切る気持ちなども必要でしょう。

慢性的に人材不足な職場のため、いくつになっても職場復帰が可能なのもITエンジニアならでは
時代の流れにアンテナを張り、求められているシステムをきっちり提供できる、ITエンジニアを目指しましょう。

  • 1