やりがい抜群!広報のお仕事

女性が活躍できる転職先として人気が高い「広報」の仕事。
メディアなどの表舞台に立つことも多く、カッコいいイメージがありますよね。

「広報って誰でもなれるの?」
「普段はどんな仕事をしているの?」

ここではそんな、女性転職者の疑問にお答えしていきましょう。

「広報」ってどんなお仕事?


PRとも呼ばれる広報の仕事内容は、単に自社製品を宣伝する、アピールするだけではありません。
自社のサービスや商品の価値を高めるため、様々な戦略でファンを増やすための活動を行います。

  • 企業の情報を外部に伝えるためのプレスリリースの作成
  • メディア関係者との人脈づくり
  • テレビや雑誌などの取材応対
  • イベントの企画
  • ミスやトラブルがあった場合の対処

など、会社のイメージを上げるための動きは、おおむね広報の仕事だと言えるでしょう。

最近では企業がブログやTwitter、Facebookなどを積極的に利用していますが、それらの情報発信も広報が担っている場合が多いですね。
社員が会社を好きになることが業績アップに効果的という理由で、社内広報へ力を入れている企業も多数見られます。

一つの仕事にこだわるのではなく、臨機応変に対応し自社を社内外から支持される会社へ育てていくのが、広報の仕事の本質です
広報の採用人数は、企業の規模によって大きく変動しますが、近年は広報職を置く中小企業も増えています。

広報の人間がいることで、

  • ワンマン経営を避けることができる
  • 社内間のコミュニケーションが活発になる
  • テレビや雑誌などの取材チャンスを存分に生かせる

などのメリットがあるため、今後も採用枠は増えていくでしょう。

特別なスキルは必要としませんが、

  • 人付き合いが得意
  • SNSの扱いに慣れている
  • 裏方に徹することができる

といったタイプの女性に向いている職場でしょう。

気になる「広報職」のお給料事情とは


広報の仕事で得られるお給料は、平均で20代では月収25万円~30万円、30代では月収30~35万円程度が相場だといわれています。

また、広報の仕事は実績が目に見えやすいため、著しく会社の評判を上げるなどの功績を残せば、昇給、昇格が期待できるでしょう。

「自分の力を試したい」
「広報力に自信がある」
という女性なら、毎日がやりがいに満ちた、楽しい時間となるでしょう。

まったくの未経験から広報デビューしたいという場合は、「PRプランナー資格」を取得し知識を深めておくと採用されやすくなったり、初任給をアップできたりするでしょう。