看護師になって多くの人を支える

白衣の天使とも呼ばれる「看護師」の仕事。

病気やケガで傷ついた人の開放をしたり治療をサポートしたりと、無くてはならない存在です。
看護士の仕事は、これから先の超高齢化社会を迎えるため、求人がさらに増えると言われています。

女性転職者も大活躍できる看護の世界で、辛い思いをしている人を支えてみませんか?

「看護師」ってどんなお仕事?


誰でも一度はお世話になったことのある看護師。
病院を舞台にしたドラマなどで、裏側が取り上げられることが多い仕事ですが、実際にはどのような業務をこなしているのでしょうか?

看護師の仕事内容は、大きく二つに分かれます。
一つは、外来でやって来る患者さん相手の仕事。
もう一つは、入院している患者さんのケアです。

毎日のように手術を行っている病院では、手術室専門の看護師がいる場合もあります。

これら病院の仕事に加え、

  • 保健所
  • 老人保健施設
  • 福祉施設
  • 訪問看護

といった働き方もあります。

看護師として働く場合はまず、総合病院なのか、それとも個人開業の医院かを決める必要があります。

また、その中でも、

  • 外来看護士
  • 病棟看護士
  • 手術室看護士

のどの仕事を選ぶかといった就業場所を決める必要があります。

そして、「何科の医療機関で働きたいのか」も先に明確にしておきましょう。

また、看護師として働くためには、看護の資格が必要となります。
看護師の資格は厚生労働省指定の看護師養成所を卒業後、国家試験に合格することで取得できます。
4年制の学校では、「保健師」「助産師」と言った資格も合わせて取得できるため、より高いスキルが欲しい場合は検討してみましょう。

看護師資格が取得できる高校や、2年制の学校もありますが、これらは「准看護師」の資格となり、できる仕事に制限があります。
将来的に准看護師資格は廃止される方向で検討されているため、取得するなら看護師資格を目指すのがオススメです。

看護師への夢を諦めきれず、社会へ出てから学校に入り直し、学んでいる女性も多いナースのお仕事。
一生使える資格ですから、思い切って手に入れるのも良いですね。

気になる「看護師」のお給料事情とは


看護師は“お給料が良い”というイメージが強い職業です。

その印象通り、平均年収が400~600万円と女性の仕事の中では高給な部類に入るでしょう。

年収の高い看護師ですが、その理由の一つに“夜勤手当があること”が挙げられます。
街の開業医なら定時での仕事ですが、病棟勤務の場合3交替制であることが多く、不規則な生活になりがちでしょう。

また、自分よりも大きな患者さんを支えたり、お風呂の介助をしたりと、体力も必要な仕事です
緊急搬送や、突然の容態悪化などにも対応する必要があり、精神的な強さも求められます。

若いうちは問題なく夜勤をこなせますが、結婚後や出産後はそうもいきません。
看護師になるなら将来を見据え、40代はこんな働き方、50代は……と事前にプランを立てておきましょう。

「一生看護師として前線に立っていたい!」 という場合は看護師長などの道を目指すことで、高い地位や、高収入が約束されるでしょう。